弊社の研究報告

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2) を用いた試験を行いました

※本データは下記試験方法(ISO21702)に準拠した試験であり、実際の使用での効果を示すものではありません。※本試験データは商品の性能を示すものではありません。

  • 本製品は医薬品・医薬部外品ではありません。
  • すべてのウイルスや菌に対して効果があるわけではありません。
  • 抗ウイルス加工は、ウイルスの働きを抑制するものではありません。
  • 病気の治療や予防を目的とした商品ではありません。

抗ウイルス/抗菌コーティング膜の試験データ

摩耗堅牢度試験

試験方法:JIS L0849 学振摩耗試験に準拠
荷 重:2N(200gf)
回 数:100回往復、200回往復、300回往復
回数 100回往復 200回往復 300回往復
塗膜外観
異常なし
異常なし
擦れ跡あり
指示薬による
色変化
変化あり
変化あり
変化なし
※指示薬による色変化があればコーティング剤が残留していることを示す
本試験(JIS L0849)は、車両メーカーによる内装試験規格「Friction Durability」(摩耗耐久性)と同じであり、2N×200回往復で異常がなければ合格となる。
200回往復の摩擦ではコーティング剤に「異常なし」
効果は約3ヵ月

SIAA(抗菌製品技術協議会)人体安全性試験

試験項目 確認事項 試験法 安全性基準 結 果
急性
経口毒性
飲み込んだ際の有害性
ラット/マウス
に対する
単回投与試験
LD50が
2000mg/kg以上
2000mg/kg以上
皮膚
一次刺激性
長く触れた際の炎症など
ウサギを用いる皮膚一次刺激性試験
P.L.I(一次刺激性指数)が2.00未満
P.L.I:1.3
変異原性
DNAへの影響
原則、Ames試験
突然変異誘起性が陰性であること
陰 性
皮膚感作性
アレルギー
Maximization test
陰性であること
陰 性
※Ames試験:自身でアミノ酸を作れない細菌が抗ウイルス剤の作用により、DNA変異し、アミノ酸を作れるようになるか否かを確認する試験。
※Maximization text:抗ウイルス剤を含む溶液を皮内注射し、一定期間後の皮膚反応を評価。
本コーティング剤に使用されている特殊アンモニウム塩化合物は人体に安全と判断されました。

様々な環境下での耐久テスト

1
付着性試験
塗膜(2mmマス×100個)にセロハンテープを貼って剥がす試験
異常なし
2
硬度試験
三菱鉛筆を塗膜に押し当て直線を引く
硬度H
傷跡が生じなかった最も硬い鉛筆硬度
3
耐溶剤性試験
塗料を落とす溶剤を使用し、500gの負荷をかけて10往復拭き上げる
異常なし
エタノール、トルエン、メチルエチルケトンを使用しそれぞれ塗膜に剥離なし
4
耐侯性試験
屋外で発生するあらゆる天候下での耐久試験(2000時間)
光沢保持率80%以上
5
耐衝撃試験
300g(直剣25.4mm)の鉄球を50cmの高さから塗膜に落とす落球試験
異常なし
6
耐酸試験
5%の硫酸で6時間のスポットテスト
 
 
異常なし
7
耐温水性試験
40℃のお湯に100時間浸す試験
 
 
異常なし

抗ウイルスのメカニズム

対象表面に抗ウイルス/抗菌成分を配合したコーティング膜を固定化し、特定のウイルスの数を減少させます。
1
2
3
4
コーティング膜の固定化によって、効果は約3ヵ月程度持続します。
※塗布する箇所・使用状況によって持続時間は変わります。(摩耗堅牢度試験データに基づく)
高麗寛紀博士プロフィール
徳島大学名誉教授。工学博士。微生物制御研究の第一人者。日本防菌防黴学会・学会賞をはじめ多数の受賞歴があり、特許取得は120件にも上る。

まずはドアノブから!積極的な予防策を!

新型コロナウイルスの各環境下での生存期間

米疾病対策センター(CDC)とカリフォルニア大学ロサンゼルス校、プリンストン大学の研究チームが 米医学雑誌「ニューイングランド医学ジャーナル」に発表したデータから引用。
抗菌/抗ウイルスのコーティングが可能になることで耐久性・持続性が飛躍的に向上。
様々な材質・素材に対応。簡単な施工で良く手に触れる箇所を安心・清潔に保ちます。
用途に合わせて様々な場所に使用可能!!
塗布用<アルコールタイプ>
1
ドアノブ、各種スイッチ、エレベーターボタン等
頻繁に触れる個所に最適。まずはドアノブから!
Step1 コーティングする前に
中性洗剤などを使って、油や汚れ、水分はしっかり拭き取ってください。水滴などが残っていると十分な効果が得られない場合があります。
Step2 コーティング
付属の塗布用スポンジに適量染み込ませてください(原液のまま使用してください)。 細菌やウイルスの気になるところに塗布します。厚塗りする必要はありません。
※約1mlでA4サイズの面積がコーティング可能です。
Step3 乾燥
コーティング後、約10分程度で触れることができます。施工直後はアルコール臭がしますが、乾燥すればなくなります。
※完全に硬化するまでアルコールで拭かないで下さい。
※約8~10時間後で完全に硬化します。
付属の塗布用スポンジにコーティング剤を染み込ませてください。

塗布用<アルコールタイプ>の施工例

■塗布用単品 梱包内容

塗布用<アルコールタイプ>

塗布用スポンジ 8

手袋 2枚

施工済みシール 5枚

※使用状況によって持続期間は異なります ※すべてのウイルスや菌に対して効果があるわけではありません ※病気の治療や予防を目的とした商品ではありません ※抗ウイルス加工は、ウイルスの働きを抑制するものではありません。 ※本製品は医薬品・医薬部外品ではありません

効果は約3ヵ月持続します

※摩耗堅牢度試験に基づく

再度コーティングする際は、そのまま上塗りして問題ありません。

拭き上げ用<アルコールタイプ>
2
各種金属、プラスチック、木材、タイル、陶器など
机など広い範囲の抗菌/抗ウイルスコーティングに最適
Step1 コーティングする前に
中性洗剤などを使って、油や汚れ、水分はしっかり拭き取ってください。水滴などが残っていると十分な効果が得られない場合があります。
Step2 コーティング
付属のマイクロファイバークロスに適量染み込ませてください。 細菌やウイルスの気になるところをムラや拭き跡がなくなるまで拭き上げてください。
※あらかじめ目立たないところで試してからお使いください。
Step3 乾燥
コーティング直後は水が付着しないように注意してください。数十秒すれば指で触れることができます。
※約8~10時間後で完全に硬化します。
※施工直後はアルコール臭がしますが、乾燥すればなくなります。
付属のクロスに2、3回プッシュして拭き上げるだけ!

拭き上げ用<アルコールタイプ>の施工例

■拭き上げ用 梱包内容

拭き上げ用<アルコールタイプ>

マイクロファイバークロス 1枚

手袋 2枚

施工済みシール 5枚

※使用状況によって持続期間は異なります ※すべてのウイルスや菌に対して効果があるわけではありません ※病気の治療や予防を目的とした商品ではありません ※抗ウイルス加工は、ウイルスの働きを抑制するものではありません。 ※本製品は医薬品・医薬部外品ではありません

効果は約3ヵ月持続します

※摩耗堅牢度試験に基づく

頻繁に触る箇所は、摩耗の為1~2ヵ月毎に再度コーティングしてください。そのまま上塗りして問題ありません。

スプレー/拭き上げ用<水性タイプ>
3
布製品、皮革製品、その他、水に濡れない素材※室内のみ
ソファなど布製品に最適 細菌の増殖を抑制するので匂いも抑えられます
Step1 コーティング
  1. コーティングしたい物から約15cm離し、まんべんなくスプレーしてください。
    ※一か所に集中してスプレーしたり、近づけ過ぎないように注意してください。
    ※シミになる心配がある場合は、あらかじめ目立たないところで試してからお使いください。
  2. 拭き上げる場合は、マイクロファイバークロスに2、3回スプレーし、施工したい箇所を拭き上げてください。
Step2 乾燥
スプレー後や、拭き上げ後は完全に乾かしてください。
スプレーするだけ!
スプレーしたクロスで吹き上げるだけ!

スプレー/拭き上げ用<水性タイプ>の施工例

直接スプレー

マイクロファイバークロスで拭き上げ

■水性単品 梱包内容

スプレー/拭き上げ用<水性タイプ>

マイクロファイバークロス 1枚

手袋 2枚

施工済みシール 5枚

※使用状況によって持続期間は異なります ※すべてのウイルスや菌に対して効果があるわけではありません ※病気の治療や予防を目的とした商品ではありません ※抗ウイルス加工は、ウイルスの働きを抑制するものではありません。 ※本製品は医薬品・医薬部外品ではありません

効果は約3ヵ月持続します

※摩耗堅牢度試験に基づく

3ヶ月毎に再度コーティングしてください。そのまま上塗りして問題ありません。

商品案内
使用上のご注意

●用途以外に使用しないでください。

●水に弱い繊維、水洗い禁止の表示があるもの、防水、撥水など特殊加工されたものはしみになったり風合いを損なう恐れがあるため、予め目立たない所で試してください。

●ご使用の際は、換気をよくしてゴム手袋などを着用し、皮膚などに付着しないようご注意ください。アルコールに敏感な方は特にご注意ください。

●目に入らないように保護メガネをご利用の上、ご使用ください。

●使用後はよく手を洗ってください。

●ご使用後は吐出部分をよく拭き必ずキャップを閉めてください。ノズルが詰まる原因となります。ノズルが詰まってスプレーが出にくくなってしまった場合は、吐出部をよく拭きボトルをよく振ってから何度かプッシュしてください。

●自動車のレザーシートとハンドルには、滑りやすくなるので使用しないでください。

●保管条件によって内容液が変色する場合がございますが、品質及び性能には問題ございません。

 警告

●吸入飲用不可

●人体に害があるので吸入したり飲んだりしないで下さい。

●直射日光の当たる所や、高温になる所には置かないでください。

●引火性があるため、火気に近づけないでください。

●幼児の手の届かないところに置いてください。

応急処置

●万一飲み込んだ場合、直ちに多量の水を飲ませてから吐き出させ、医師の診断を受けてください。

●誤って目に入った場合は、直ちに流水で15分以上洗い流し、医師の診断を受けてください。

●症状により、医師の診断を受けてください。

●使用中気分が悪くなった場合は、直ちに使用を中止し、新鮮な空気の所で安静にし、必要に応じて医師の診断を受けてください。

保管及び廃棄方法

●保管の際はキャップをし、直射日光の当たる場所や高温になる所、加熱源付近では保管しないでください。

●自動車内での放置/保管はしないでください。

●廃棄の際は中身を使い切ってください。

危険有害情報

●引火性の高い液体及び蒸気

●飲み込むと有害

火気厳禁
アルコール類危険等級Ⅱ

日本製