設備技術

■真空蒸着装置(ドライコーティング)

真空蒸着装置

真空にしたチャンバーの中で数種類の薄膜物質を気化し、交互に積層することで所望の分光特性薄膜を形成します。膜厚はCP管理します。

■ディッピングマシーン(ウェットコーティング) 5台

完成品バルブ、首球(バナー状態)形状問わず何層にもコーティング可能。

■自動乾燥ライン 4台

自動乾燥ライン。

■スプレー塗装機 3台

投入された球(主に白熱球)は回転盤によりスプレー部に移動、複数の噴射ガンにより着色します。この際スプレーゾーンにある球は、回転し同時に3次元制御された噴射ガンにより 均一な着色が行われます。色の濃淡は噴射量の調整で可能。球以外にも冶具交換により、複雑な形状、多種多様な製品にコーティングが可能。

■低温乾燥機 50台

コーティングを施した後、低温焼成するために使用。
 

技術設備2

■横型湿式分散機 (スイス WAB社 ダイノーミル)

分光測定装置の写真

微小ビーズを使用し被分散凝集原料に対し、ナノ領域まで分散が可能です。



■基板外観検査装置(マランツエレクトロニクス Model22X)

画像認識により、ヒストグラム方式やフィレット方式などの5つの検査を組み合わせ、半田フィレット、部品の有無、ズレ、部品違い、極性違い、文字違いを高速で判定して適切に効率よく基板の検査を行います。



■PCモニタダイレクト マイクロスコープ(松電舎 GR80XGA2)

高画質80万画素CMOSセンサと56灯LED照明付きのマイクロスコープ。PCモニタに写し出し、トータル倍率が30倍~60倍まで調節可能。また画面上に任意ラインを表示させることにより、位置ズレ、寸法確認、など様々な検査ができます。



■自動はんだ付けロボット(ジャパンユニックス UNIX-412) 2台

4軸仕様(同時制御)、コテ先エアークリーニング機能、はんだ送り機能(送り量調整可能)、コテ先温度調節機能、ポイントはんだ・引きはんだも両方可能。はんだ付けを自動で迅速かつ正確に行うことができます。



■マイクロフォーカスX線検査システム(ユニハイトシステム FX-80SS)

目視で検査できない物もX線照射させることにより、PC画面上に鮮明な透視画像を写し出すことができます。これによってBOX内の基板等も確実な検査を行うことが可能です。



■超音波溶着機(ブランソン 2000Iw/Iw+ インテグレーテッド・ウエルダ)

超音波エネルギを使用して、プラスチック・パーツを溶着するプロセス機器であり、どのような形状のものでも時間・溶け込み・ストロークの3つのモードを調節することによって溶着することができます。



■■卓上塗布ロボット(武蔵エンジニアリング FAD300)

コーナー形状でも位置決めさせたワークをCCDカメラにてアライメント補正し、プログラムされた任意の位置に高速追従かつ正確に動かすことができます。また、デジタルディスペンサーにより圧力調節ができるので粘度変化に応じても安定した塗布が可能です。

トップページ > 設備技術
  • 技術設備
  • 分析・測定装置